井戸

地質調査を行なって災害に備える【井戸掘りして水源確保事情】

自宅の地盤調査をしよう

作業員二人

地盤調査の必要性について

土地に住宅を建築する場合、災害が起こった時も安全に住むことが出来るように対策を施す必要があります。その一つが地盤調査です。地盤には様々な地盤があり、軟弱地盤もあれば優良地盤もあります。土地の上に住宅を建てるためには優良地盤である必要があります。もちろん軟弱地盤であっても地盤改良することで安全な住宅を建築することが可能になります。地盤調査は、地盤調査の資格を持った専門家によって行われます。地盤調査の価格は20万円から30万円ほどと言われています。決して安いとは言えませんが、いざと言う時に地盤調査をしなかったために住宅が倒壊したことを考えれば安いと感じます。ただ問題は、地盤調査の結果が本当に正しいかどうかという点です。

本当に調査が必要なのか

地盤調査の問題点は、1つの調査会社で調査することです。つまりそこに第三者機関が入る事は普通ありません。例えば、建物を購入するときに明らかに傷が付いていたり傾いているなど一般人の目から見てその問題点がわかれば良いのですが、地質に関してはなかなかその問題点が分かりにくいのです。つまり、地盤調査の会社の人が地盤改良が必要ですと言えば地盤改良をせざるを得ないのです。あるデータによれば、地盤改良をした土地のうちの7割は地盤改良をしなくても何ら問題がなかったのです。地盤改良の費用はその住宅の価格の5パーセントほどと言われていますので、その費用もバカにはなりません。これ、地盤調査をする場合は第三者機関を間に入れてした方が良いです。